総量規制の対象外となる貸付とは

貸金業法の総量規制は、2010年6月18日から施行された規制です。

この規制により、貸金業者からの借り入れは、原則として、年収の3分の1までに制限されることになりました。

なお、もし保証人がいたとしても、貸金業者からは年収の3分の1を超える借り入れはできないことになっています。

ただし、銀行からの借り入れは、この総量規制の対象外となります。なぜなら、銀行は、貸金業者ではないからです。

また、銀行で提供している各種のカードローンも、この総量規制の対象とはなっていません。

総量規制の対象外となっている銀行のローンでは、おまとめローンなど「借り換え」を目的としたものも提供されています。

複数の業者から借り入れをしていて、返済額が大きい場合は、この借り換えを行って月々の返済額を軽減するという方法もあります。

返済の負担が大きいと感じる場合は、ぜひ1度、おまとめローンを検討してみましょう。

借り換えタイミングとして最高のこと

借り替えタイミングというのはいくつもあるのですが、とにかく金利が低くなるのであればやる価値があるといえるでしょう。そうすることによって、少しでも利息を減るのであればそれは手間をかけて実行する価値があるといえるでしょう。それはよいことではあるのですが、問題はそれなりの手間がかかるということです。

そこが問題ないというのであればやるメリットはあります。但し、時間的なコストも考えてみるのであればまだまだ返済が長く続くのであればやるべきなのですが、それこそ、次の月には、或いは今月の分で返済が終わるというのであればわざわざ借り換える必要性などはないといっても過言ではないでしょう。手間をかけるべきでもない時もあるのです。

WEB完結で契約出来るが解約が出来ないというデメリットも!

今や銀行や消費者金融、クレジットカード会社などのキャッシング契約はWEB完結で手続きができるものが増えています。インターネットを経由するため、契約し易く、時間的な無駄、申し込みや契約手続きの手間が無くなっています。しかし、問題点としては契約はし易いが解約し難いといったことがあります。

殆どのカードローンやキャッシング契約がインターネット上から解約できないという点であり、窓口や郵送での解約手続きになります。住宅ローンや自動車ローンなどを契約するため、不要なカードローンを解約するといった場合、解約に時間が掛かってしまいます。

また、インターネットを利用することで遠方の銀行や消費者金融を契約できる反面、解約が窓口や郵送になるという不便さは商品概要には殆ど記載されていないのが実状です。カードローンなどのキャッシング契約を検討する際は、将来的に解約することも想定することが肝心です。

モビットの広告表示が紛らわしい

ネットなどでモビットの広告表示を見ると、「誰にも知られず」「在籍確認なし」という言葉に魅力を感じます。多くの人がカードローンを利用していることは知られたくないと思うので、この言葉には心を惹かれると思います。

申し込みからの審査スピードは他社に負けないほどに迅速で、オペレーターの対応も丁寧ですが、この広告表示どおりに進まないのが現実です。

申し込みの際に尋ねなかったのも落ち度かも知れませんが、実際には在籍確認があります。他の消費者金融ならば、在籍確認の連絡を何時ぐらいに入れるかということを相談できますが、モビットの場合には突然、勤務先に在籍確認の連絡が入ります。

審査段階の時点で、在籍確認の有無を確認した方が無難です。

自動契約機を使ったキャッシングの利便性とは

キャッシングを利用する方法はいくつか消費者金融会社から提供されています。全国各地に消費者金融会社の自動契約機が設置されており、これを使って申込みをする事が可能ですので利便性が高いです。

自動契約機は、近年コンピューターやインターネット環境の進化によって、機能面でも操作性の高さでも向上しており、タッチパネルを操作して申込みの手続きを進めていきます。自動契約機を使ったキャッシングの申込みをする場合には本人確認書類を用意しておく必要があります。

運転免許証や健康保険証やパスポートなどが有効な書類であり、これらを自動契約機の所定のスキャナーで読み取って画像データ化します。そして、申し込みデータと共に審査センターへ送信して、審査の結果を待ち、審査を通過して契約をすれば、融資を受けられます。

リボ払いは安直に考えないで利用すること

どうしてもお金がないけど直ぐ必要ということは多々あります。クレジットカードが多種出ていて比較的簡単に持つことが出来ます。それには大抵10万のキャッシング枠が付いてきます。又リボ払い専用などというのもあります。支払いが一定で多額の買い物にも便利は確かです。

一定額の元金の支払いを確認してみると驚く人もいると思います。同じことがキャッシングにも言えると思います。安直に引き出せますが元金の返済にはリボ払いだと中々減りません。利率も考えて利用することと増額返済などがあれば余裕がある時増額で返済していく事も早く返済できる一つだと思います。便利な反面おもわぬ大金にならないよう気をつけたいのもクレジットカードのキャッシングだと思います。

おまとめローンのデメリットとは

おまとめローンと検索すると「金利が低くなる」「支払い額が落とせる」「支払日が統一される」などメリットが書かれていることが多く、あまりデメリットが書かれていません。

多くあるのは「金利が低くなったのに、利息が高くなっている」ことです。債務を1つにまとめて金利が下がったので満足している人もいると思いますが、利息が高くなっている可能性があるので注意が必要です。それは月々の支払い額が低くなった分、支払い期間が延びて利息を多く払わなければいけないのです。なので、金利が落ちたからと言って満足するのではなく、支払い総額と利息支払い額をおまとめローンをする前と見比べて利息を多く払っていないかを確認するようにしましょう。

キャッシングの限度額ってどのくらいなの?

よくカードローンを申し込むときにキャッシングの限度額という言葉を目にする方も多いと思います。これはカードの種類によって借りることができる金額を意味します。ほとんどカードは10万円~500万円までの上限に設定されております。大手の銀行系のカードローンは中には上限が800万円~1200万円まで借りることができるように設定をされていう所もあります。

ただ、誰もが上限の500万円まで借りることができるかというとそうではありません。あくまでの申込者の収入や資産に対して限度額が決められます。一般のサラリーマンでしたら多くても50万円から100万円の間がいいところだと思います。

多くの限度額を設定してもらうには年収が多く、借り入れと返済の実績があり、より信頼のある人と判断されなければなかなか限度額一杯までの提示を受けることはできません。