銀行カードローンの過剰融資問題がもたらしたもの

2018年に大きな問題となった銀行カードローンの過剰融資問題は銀行法の法律改正までには至らなかったものの、法律には現れない銀行カードローンに比較的大きな変更をもたらしました。

一つは銀行の自主規制による改正貸金業法の総量規制とほぼ同じレベルの貸付金額規制です。そして、もう一つは反社会的勢力への融資を防止するために融資希望者の警察へのデーターベースの照会から即日融資が不可能になったことです。消費者金融などの貸金業者が改正貸金業法によって規制されたことから、大幅に融資額を増やしていた銀行カードローンも自主規制とは言え、こうなってしまえばこれからの大幅な融資額の拡大は不可能になったということになるでしょう。銀行側の自業自得であるということかもしれません。

返済遅延や収入減少といったこと以外でも限度枠が減額されることも!

銀行や消費者金融のカードローンを利用する際、利用限度枠が減額されてしまうといったことがあります。返済遅延や収入の減少といったマイナス情報により、減額されるという事実は知られているものの、それ以外のことでも生じてしまいます。カードローンは利用状況においても、減額される要素があります。

利用頻度が少ない、利用頻度枠に対して少額の借り入れしか行っていないという場合、高額な利用限度枠は不要と判断されることがあります。金融事故などの実態がなく、限度枠が減額された場合は利用状況を疑ってみることも重要です。

一度減額された場合、元の限度枠に戻すための増額申請も通り難くなってしまいます。そのため、不必要に高額な限度枠を契約せず、減額されないように備えることもカードローンを利用する上では考慮する必要があります。

利息は思いのままに節約できるキャッシング

キャッシングはカードローンやクレジットカードのキャッシング機能を使って、ATMなどでお金を借りることですが、住宅ローンなどと異なり、年利がかなり高めです。自由な資金用途で借りることはできますが、あまりに長期間借りすぎると利息が多く取られてしまいます。

しかし、キャッシングで便利なところの一つとして、基本的に返済のタイミングが自由なところが挙げられます。利息は日割りで計算されるため、1日でも長く借りればその分だけ利息がかかります。逆に言えば、1日でも早く返せば利息を抑えることができます。一括で返済しなくても、資金が出来たらその都度返していくことにより、元本が減り、総支払利息も抑えられるので、返すあてはあるけど今まさにピンチという人にはお勧めできます。

キャッシング増額についての審査

私はプロミスで契約をししばらくは返済をしていましたが、やはり働いていても生活費が足りなかったり、急な出費があったりと苦しい時期がありました。

そんな時電話がかかってきて増額ができる可能性があるとのお話でした。これ以上とは思いましたが、やはり頼りにしており、すぐに電話で増額審査の申し込みをしました。職場に電話がかかってくることもなく、以前と収入に変わりはないか、職場を移動していないか簡単な質問でけであとはお任せしていました。

すると数万円の借り入れが可能であるとの返答ですぐに返答がありました。特に難しい操作もなく、電話だけで無事増額する事ができました。

生活費にあてる事ができてとても助かっています。

キャッシングに必要な本人確認書類って何を用意すればいいの?

キャッシングを検討しているときに気になるのが、申し込むときにどんなものが必要か、ということではないでしょうか。

そこで今回は、キャッシングを申し込むときに必要な本人確認書類について解説します。

申し込むキャッシング会社によっても違いますが、本人確認書類は基本的に運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、個人番号カードなどから1つを選んで用意します。

この時、ほとんどの場合は原本が必要になるので、コピーではダメだと思っておいたほうがいいです。

なお顔写真付きの本人確認書類がない場合は、健康保険証や年金手帳、公共料金領収書、住民票などが必要になることもあります。

キャッシング会社によっても違うので、申し込む会社が決まったら確認してみてください。

アルバイトでも キャッシングは利用できる?

消費者金融業者でキャッシングサービスの申し込みをする方の条件は、色々とありますが、どこの消費者金融業者でも共通しているのは、「年齢」と「収入」です。

年齢の条件は、満20歳以上60歳または、65歳前後位に設定している所が多いです。

収入の条件は、「安定した収入のある方」という設定が多いです。

この「安定した収入のある方」というのは、正社員の事だけを指しているのではなく、「継続して一定の収入がある」という意味ですので、アルバイトやパートでも、収入があれば、キャッシングサービスの申し込みができます。

20歳以上でしたら、学生でも主婦の方でも、アルバイトやパートをしていれば、よいという事です。

しかし、キャッシングサービスの利用を申し込んだからといって、すぐに融資が受けられるわけでもありません。

申し込み後、審査がありますので、無事審査が通れば融資が受けられるという事になります。

大手の消費者金融で安心したキャッシングを受けよう!

皆さんはキャッシングを行うと言う言葉を耳にした時どのような印象を受けますでしょうか?また消費者金融からキャッシングを受けることに抵抗を感じる事はありませんか?今回はキャッシングを行うことについてと言う事についてお話ししていきたいと思います。

キャッシングを行っている商社金融や銀行、個人的な貸付業者が多く存在していることが現状ですが、しっかりと国から認可されていなかったりする業者からキャッシングを受けると法外な金利を払わなければならないそういうことも出てきてしまいます。

そのようなことにならないために、インターネットの広告やCMで取り上げられている消費者金融を利用するようにしましょう。そのような消費者金融は口コミでも「安心してキャッシングを行うことができる。」や「対応が親切で安心した。」などと言われています。キャッシングを行うようであれば、1度は耳にしたことのある大手の消費者金融でキャッシングをすることが望ましいと言えるでしょう。

キャッシングは早めに審査を受けておこう

キャッシングの審査は、最短30分で結果が分かるようになってきています。そのため、審査を受けるのであれば必要に迫られてからで良いと考える人もいますが、この30分というのは問題なく結果が出た場合の話です。申し込むタイミングや、応募をする人の条件によっては審査が長引くこともあるため、30分後には借入ができると楽観視しないことが大切です。

契約の翌日から無利息期間が発生する場合などは、利用直前に契約をする方がお得にキャッシングを利用できますが、無利息期間がない場合は少しでも早めに審査を受けておくと良いでしょう。時間的な余裕があれば、落ち着いて審査結果を待つことができます。そして、契約さえ完了していれば急にお金が必要になった時でも慌てずに対応できるようになります。