カードローンはずっと契約してメリットがある?

カードローンは、銀行や消費者金融に関わらず、利用限度枠内であれば何度も借り入れができ便利です。都度、契約審査が無いことは、借り入れまでの時間短縮にも繋がっています。ですが、一見するとメリットが契約したままでいるとメリットがあるように思えるものの、キャッシング審査の特徴としてはデメリットがあります。

そもそも、現在のキャッシング審査では将来的な収入や信用度は考慮されていません。つまり、契約をそのままにした場合、過去の条件が引き継がれてしまい、本来の評価が受けられていないことになります。そのため、カードローンの契約は適宜見直しを行った方がメリットとなるため、契約を継続しない方が良いと言えます。そのため、若い頃に契約したカードローンを利用し続けるのはあまりおすすめではありません。

アイフルの教育ローンってどんなローン

大手消費者金融のアイフルが取り扱う金融サービスといえば、借りたお金を自由に使えるキャッシングローンが有名ですが、予め借りたお金の使いみちや返済計画などがしっかりしている人向けの目的ローンというローンの取り扱いもあります。アイフルでは利用者の目的に応じて様々な目的ローンの取り扱いがあるのですが、その中でも特にニーズが高く、またお得な商品設計となっている教育ローンについて、詳しく見ていきましょう。

・金利と利用限度額

2017年9月27日時点で、実質年率は9.8%から12.0%、利用限度額は最高で100万円までとされています。キャッシングローンの上限金利が18.0%に設定されていることを考えると、上限金利が12.0%というのは非常にお得な数値といえますね。

・契約に必要なもの

運転免許証等の本に確認書類に加えて、資金使途が証明できる書類が必要です。教育ローンの場合ですと、見積書や請求書、領収書、学生証などの書類を提出する必要があります。

・資金使途

利用者本人若しくはその子どものための学費や学用品代、クラブ活動にかかる費用や塾の費用などに充てることができます。学費に限らず、塾やクラブ代に利用できるのが便利ですね。

カードローンの借り換えタイミングを見極めることの大切さ

カードローンの契約は、年率がなるべく低く返済しやすい金融業者の商品を選ぶことが大切です。なぜなら、毎月の約定返済日が常に給料日前の状態では、つい追加借入を行ってしまいがちだからです。返済を着実に続けるためには、少なくとも返済日を給料日直後に持って行くことが確実な返済に必要となります。

カードローン商品の中には、転職に伴い給料日が変更になった場合でも、返済日の変更を認めていない金融業者が少なくありません。返済日を変えられないならば、カードローン自体を借り換えてしまえば良いでしょう。

しかし、カードローン商品の利用規約を確認すると、借り換え目的による利用についてのみ禁止している金融業者が多くみられます。背景として、消費者金融ではかりかえ専用ローンを用意している兼ね合いから、カードローン新規契約により借り換えることは想定外の使い方となるわけです。

そこで、カードローンの借り換えタイミングを変えて、新規借入と既存のカードローン返済に若干のタイムラグを発生させ、金融業者に借り換えを知られないようにすれば良いでしょう。個人信用情報機関へ登録された信用情報により、借入と返済については金融業者が把握出来ますが、1週間程度のタイムラグがあり金額にもズレがあれば、借り換えたとは証明出来ません。

出産費用がなくて消費者金融の審査を受けてみることに。

サラリーマンの30歳の男ですが、結婚して5年になり、やっと子供できて嬉しくてたまらないのですが、しかしお金の不安が一気に押し寄せてきました。

自分の給料は18万で手取りだと14万ぐらいになってしまうのですが、貯金もまったくなく結婚式もできなかったぐらいですから。

夜にバイトをしようか考えてはいるのですが、まずは子供の出産費用が全然足りなくて、申請すれば後からもらえるみたいなのですが前払い制ではないのでかなり困ってます。

親や兄弟に相談したいのですが仲が悪いので、今まで借入などしたことがなく不安でしたが、今回は消費者金融で借りることにしました。

調べるとWEBサイトから申込ができたので申込みをし、給料の入力欄でごまかそうかと思いましたが、それで審査に落ちても嫌だったのでまじめに記入しました。

年収200万ぐらいで限度額がどれくらい借りれるとかも全然知らなかったので、希望限度額は一応30万にしました。

次の日に会社に本人確認の電話があり、その後に携帯に電話が掛かってきて、希望通り30万がOKでしたので、そのまま自分の口座に振り込んでもらうようにしました。

やっとこれで子供の出産費用は心配しなくて済み、産まれてくるのが待ち遠しくてたまりません。

子供が産まれてきたら、いろいろとお金が掛かると思うので給料の良い会社に転職をしようかなと考え中です。

しかし今回消費者金融で即日融資だったので、銀行よりは少し利息が高いですが一時的に都合をつけるには大変便利ですね。

キャッシングスペースは20歳以下でも借入可能で審査なども柔軟

キャッシングと聞きますと、基本的には20歳以上でないと借入できないところがほとんどで、

未成年はお金に困ったとしても借入はできないということが基本的です。

ですが、キャッシングスペースはなんと18歳から借入を行うことは可能です。

仕事についていることが条件となっているようですが、しっかりと返済する能力があれば、ここは未成年でも貸してくれるという

かなり例外的な会社となっています。

その他にも、中小の消費者金融でありますから、審査もかなり柔軟です。

審査時間に関しては早ければ1時間以内、少し遅れて2時間くらいでその日のうちに完了できるというようなことも出来、

審査スピードはかなり速いようです。

債務整理中だったりするようなケースでも審査対応してくれるようで、審査の申し込みをして実際に借入できたという口コミもいくつかあるようです。

ネット上でのみ申し込みを受け付けているので必ずネット環境のあるところでないといけません。

後は金利面は上限が20パーセントと高いですが、このあたりは中小の消費者金融ですので、仕方がないといえるでしょう。

親や友人からは借入が難しかったりし、どうしてもお金が必要だというようなときには、スペースを選んでみるのも悪くはない選択肢ではないでしょうか?

借り過ぎ注意!食費や日用品の購入費はカードローンでは解消できない!

銀行カードローンは、利用目的が自由かつ利用限度枠内であれば何度でも借り入れが可能です。しかし、金利自体は消費者金融のカードローンに比べ、大幅に低いというものではなく、借り入れし過ぎで高額な返済額になる可能性があります。

また、消費者金融のように貸金業法により貸付金額が年収の1/3までという制限が適用され無いため、銀行と消費者金融からの借り入れで返済不能に陥るケースが少なくはありません。銀行カードローンの利用者の3割は年収の1/3を超過しているという結果になり、利用目的として約5割が生活費の補填を挙げています。

生活費の補填つなり食費や日用品の購入ですが、カードローンで調達して現金で購入したとしても、翌月にはさらに現金が乏しくなる可能性があります。冠婚葬祭などといった一時的な出費で手持ちの現金が無いというのであれば問題無いものの、食費や日用品費は毎月固定で発生するものです。

固定出費をカードローンに頼ってしまうのではなく、借入額を増やさないためにも、生活水準の見直しつまり食費や日用品費の削減を優先的に行うことです。カードローンによる借り入れは一時的な前借とみなし、翌月には返済するということで返済負担を減らし、借り過ぎ防止を図る必要があります。

楽天カードでキャッシングを利用してみました

私は普段楽天カードを利用していて、キャッシングも楽天で利用しています。ネットでもカードからでもキャッシングを利用していましたので、利点についてお話したいと思います。まず、楽天でキャッシングする場合、シミュレーションをして実際にどの程度利息がかかるのか確認することができるので、そこで確認してから利用することをお奨めします。

そこから夕方や土日にすぐにお金が必要であればカードを使用するべきです。カードの場合は1万円以上で216円の手数料がかかりますが、すぐ手元に現金が手に入ります。逆に平日14時前後までにキャッシングするのであればネットをお奨めします。

ネットキャッシングであれば手数料は無料で、10分前後で指定口座に現金が入ります。夕方や土日でのネットキャッシングであっても翌営業日に振り込まれますので、すぐにお金が必要でなければネットキャッシングで手数料をかけずに行うことが良いと思います。さらに、楽天は時々リボ払いのキャッシングを利用する際に利息が9%前後に下がるキャンペーンをしていますので、その機会に利用してみることをお奨めします。

改元やゴールデンウィークといった10連休中のキャッシングについて

今年は10連休がゴールデンウィークにありますが、連休中はキャッシング関連も影響があります。

ATMといったものは影響がなかったりしますが、店舗が連休中は長期で休みであるようなケースがあったりします。

改元も行われることによって、その際にシステムを変更するようなこともしなくてはなりませんので、一時的に利用できる時間が偏向になるようなケースもあるでしょう。

中にはカードの発送や発行を行わないようなことがあったり、一定の期間はコールセンターなどにつながらないようなこともあります。

連休明けでないと契約などの手続きが厳しいこともありますので、借り入れなどをするにはお早めに手続きをすましたり、連絡を取ったりしておくといいでしょう。