自動契約機を使ったキャッシングの利便性とは

キャッシングを利用する方法はいくつか消費者金融会社から提供されています。全国各地に消費者金融会社の自動契約機が設置されており、これを使って申込みをする事が可能ですので利便性が高いです。

自動契約機は、近年コンピューターやインターネット環境の進化によって、機能面でも操作性の高さでも向上しており、タッチパネルを操作して申込みの手続きを進めていきます。自動契約機を使ったキャッシングの申込みをする場合には本人確認書類を用意しておく必要があります。

運転免許証や健康保険証やパスポートなどが有効な書類であり、これらを自動契約機の所定のスキャナーで読み取って画像データ化します。そして、申し込みデータと共に審査センターへ送信して、審査の結果を待ち、審査を通過して契約をすれば、融資を受けられます。

リボ払いは安直に考えないで利用すること

どうしてもお金がないけど直ぐ必要ということは多々あります。クレジットカードが多種出ていて比較的簡単に持つことが出来ます。それには大抵10万のキャッシング枠が付いてきます。又リボ払い専用などというのもあります。支払いが一定で多額の買い物にも便利は確かです。

一定額の元金の支払いを確認してみると驚く人もいると思います。同じことがキャッシングにも言えると思います。安直に引き出せますが元金の返済にはリボ払いだと中々減りません。利率も考えて利用することと増額返済などがあれば余裕がある時増額で返済していく事も早く返済できる一つだと思います。便利な反面おもわぬ大金にならないよう気をつけたいのもクレジットカードのキャッシングだと思います。

おまとめローンのデメリットとは

おまとめローンと検索すると「金利が低くなる」「支払い額が落とせる」「支払日が統一される」などメリットが書かれていることが多く、あまりデメリットが書かれていません。

多くあるのは「金利が低くなったのに、利息が高くなっている」ことです。債務を1つにまとめて金利が下がったので満足している人もいると思いますが、利息が高くなっている可能性があるので注意が必要です。それは月々の支払い額が低くなった分、支払い期間が延びて利息を多く払わなければいけないのです。なので、金利が落ちたからと言って満足するのではなく、支払い総額と利息支払い額をおまとめローンをする前と見比べて利息を多く払っていないかを確認するようにしましょう。

キャッシングの限度額ってどのくらいなの?

よくカードローンを申し込むときにキャッシングの限度額という言葉を目にする方も多いと思います。これはカードの種類によって借りることができる金額を意味します。ほとんどカードは10万円~500万円までの上限に設定されております。大手の銀行系のカードローンは中には上限が800万円~1200万円まで借りることができるように設定をされていう所もあります。

ただ、誰もが上限の500万円まで借りることができるかというとそうではありません。あくまでの申込者の収入や資産に対して限度額が決められます。一般のサラリーマンでしたら多くても50万円から100万円の間がいいところだと思います。

多くの限度額を設定してもらうには年収が多く、借り入れと返済の実績があり、より信頼のある人と判断されなければなかなか限度額一杯までの提示を受けることはできません。

銀行カードローンのサービス面の違いは?

消費者金融はサービス面がほとんど同じですが、銀行カードローンはサービス面が大きく異なる事が多いです。そこで銀行カードローンを利用する時にどのようなサービス面の違いがあるのか見ていく事にしましょう。

銀行カードローンは審査が数日かかって即日融資を受けられない事が多いです。しかし銀行によって条件付きで即日融資に対応してくれる場合もあります。ホームページなどに即日融資も可能と記載されているので早くお金を借りたい時は確認しておきましょう。

また銀行カードローンは金利の設定が異なってきます。基本的には15%以下で設定されていますが、銀行によっては18%で設定されている事もあります。金利が高くなってしまうと利息も多く加算されてしまうので申し込みをする前にしっかり確認しておきましょう。

キャッシングの借り換えタイミング!多重債務に注意!

キャッシングを利用していると、金利が高く毎月の利息が高くなったり、複数社からの借り入れで返済の手間が掛かります。このような場合、借り換えによる金利の見直し、返済先の一本化が借り換えでは可能になります。しかしながらのタイミングを逃すと多重債務と判断されたり、キャッシングの利用頻度が多いために高い金利が適用され、結果として返済額の抑制が難しくなるなどの問題に繋がります。

そのため、借り換えタイミングは常に2社以上になった時に見直しを検討するのがおすすめです。借入額が膨らまなければ、多重債務と判断されるリスクも低くすることが可能です。先ずは、常に借り換えを意識してより好条件で利用することがポイントです。もし、好条件でカードローンが契約できればその条件が維持され、将来的にもメリットとなります。

プロミスのアプリローンの特徴など

プロミスではスマートフォンのアプリを利用してキャッシングができるアプリローンというローンの取り扱いがあります。同ローンの特徴などについてみていきましょう。

・審査がはやい

アプリローンは最短1時間で審査が済みますし、即日キャッシングにも対応しているため、急いでる時に便利です。

・来店不要

申込みや書類の提出、契約手続きはすべてアプリを通じてできるので、プロミスの店舗に来店しなくても契約ができます。忙しい人でも気軽に利用ができます。

・無利息キャッシング

プロミスのキャッシングサービスをまだ利用したことない人が契約した場合、30日間の無利息キャッシングサービスを受けることができます。短期間のキャッシングを非常にお得にすることができます。

キャッシング限度額は年収との関係性がある

カードローン審査クリア後にキャッシングを行えるようになりますが、限度額には年収と大きな関連性があり、特に総量規制の影響を受ける消費者金融では、年収の3分の1を超えたキャッシングは制限されます。

例えば多くの金融業者では、初利用時の限度額は50万円を上限にしたカード発行され、これくらいの金額の場合は安定した収入があって、個人信用情報に問題が無ければ年収と関係なくキャッシング利用出来る例が多いです。

ただし、一社辺りから50万円を超えたり、複数社合算で100万円の借入を超えてくると、収入証明書類の提出が必要になったり、大きな融資を受けたい場合は限度額を拡げるように依頼する必要があります。

限度額を大きくするにはそれだけの返済能力を認めてもらう収入を持って、ルールに従ったキャッシング利用を定期的に行って信用される事が必要です。

年収が大きくて信用されていても、消費者金融では総量規制がありますから、年収300万ならば100万円が限度額になります。

その基準を超えてくると借金返済時の利息負担も大きくなったり、返済に苦しんで生活も圧迫してお金が回らなくなる方が多くなる事から、セーフティーネットのような役割として制限があるのです。

なぜ、通常の金利と変わらないのに借り換え専門のサービスを分けているのか?

消費者金融の中には、通常のキャッシングの金利と全く変わらないのに借り換え専門のサービスがあったりします。

わざわざ専門的なサービスを展開しなくてもいいのでは?と思ったりしますが、これには理由があります。

これは、通常のキャッシングと借り換えとの区分けをするためです。 通常、借り換えを行うと他から借金ができない契約です。

通常のキャッシングを借り換えローンとして利用されてしまいますとそうでないものと混じってしまいますので、管理が聞きにくいのです。

ですので、区分けが付きにくいのでわざわざ枠を作って管理するために行っています。

また、通常のキャッシングと同じようにすると、他からお金を借りられてしまって貸し倒れのリスクもあるからこのようにしているのです。

キャッシングは主婦でもできるか?

キャッシングとはお金を借りることです。生活していればお金が必要なことってありますが、返済能力がある人しかキャッシングができないようなイメージがあります。しかしながら、本人にキャッシングの能力がなくても、周りに返済能力のある人が存在すればキャッシングをすることが出来るのです。その一例が主婦です。主婦は、本人自体は返済能力がないかもしれません。しかしながら、配偶者である夫には返済能力があります。そのためキャッシングをしたいと思った時には、出来ることもあるのですね。

ただ審査は返済能力のある人に比べるとすこし難しくなります。また限度額というのも低く設定されることもあるので、希望額をキャッシング出来るかどうかは、審査を受けてみなければ分からないことも少なくありません。

モビットのカードローンの契約方法とは

モビットのカードローンは最短で即日契約ができますし、来店不要で契約することもできるとあって、多くの人から好評を得ているカードローンの一つといえます。モビットのカードローンは申込方法によって、大別すると2種類の契約方法があるのですが、それぞれの契約方法について、詳しく見ていきましょう。

・WEB完結申込み

パソコンやスマートフォンで申込みを行い、来店不要・カード発行無しで契約する方法となります。WEB完結申込みで契約する場合、返済用口座として三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の口座が必要ですし、保険証の写しなどを提出する必要がありますが、職場に在籍確認の電話が来ずに契約ができるという大きなメリットがあります。

・カード発行有りの申込み

パソコンやスマートフォン、携帯電話、郵送、電話、自動契約機などから申込みを行い、ローンカードが発行されるタイプの契約となります。こちらの契約方法では、審査通過後に自動契約機若しくは郵送でローンカードの受取を行い、後日モビットから契約に必要な書類が送付されるので、その書類に必要事項を記入し、さらに必要な書類を添えて返送することで契約が完了するスタイルとなっています。ちなみに無人契約機から申込みを行うと、最短5分で審査は完了します。

審査がなかなか通らないという方が見直すべきポイントについて

キャッシングの契約をしたくても、審査の段階でなかなか審査が通らない。

お金を借りたいのにここまで借りられないのはなんでなんだろう? と思っているあなた。

見直すべき点は結構あるのかも知れませんよ。 どの点を見直せばいいの? そんなポイントを紹介します。

まずは、自己分析をしっかりしないといけません。 現在の借り入れ状況や職業、収入、書類の不備の有無といったところを分析してみて

自分がどこらへんに弱い部分があるのかを確認しましょう。 状況によっては借り入れが厳しいような状況であったり

属性的に借り入れが厳しかったりなど、調べていくことによってかなり厳しい麺やいい面が見えてくると思います。

自分がどこが足らないかを調べることが第一歩です。

次に、業者のこともしっかりと確認しましょう。

審査の条件や厳しさ、甘さといったのは業者によって異なります。 業者によって審査のからいところや甘いところというのは色々調べてくると見えてきますので、

自分が今どれくらいの状況で、どこまでなら借り入れできるのかが見えてくると思います。

キャッシング審査の通過はこの二つをしっかりと見極めてやれば、借りられる可能性が高まってくるでしょう。

銀行ローンよりの消費者金融のキャッシングが利用しやすい3つの理由

お金を借りる際には主に2つの選択肢があります。一つは銀行ローンを利用するというもの、もう一つは消費者金融のキャッシングを利用するというものです。しかし、大抵の場合消費者金融のキャッシングのほうが利用しやすいと言えます。今日はその3つの理由を記します。

まず、最初に理由はキャッシングは借入までスピーディーだからです。キャッシングの売りというのは申し込みから借入まで時間がかからず、その日のうちに借り入れることができます。それで、今お金が必要というときに資金を工面することができるのです。一方で銀行ローンは審査から借入まで1週間ほどはかかってしまいます。

2つ目の理由は借り入れたお金の用途に縛りがないということです。銀行ローンの場合、融資されたお金を使う用途というものは申し込んだローンの種類によって決められます。例えば、マイカーローンの場合にはマイカーの購入にしか使えません。しかし、キャッシングは自分の好きな用途に用いることができます。旅行費用、医療費、生活費など用途は様々です。

最後の3つ目の理由はネットから簡単に申し込みができ、契約までできるということです。家にいながらキャッシングを利用することができます。もちろん、人目を気にする必要もありません。

すぐにお金が必要な人にお勧めなのが自動契約機でのキャッシングです

最近はキャッシングの申し込みもネットを使って済ます人が多くなってきました。

確かにネットからの申し込みだと外出する手間もかかりませんし入るところを知り合いに見られたりすることもありません。

本人確認書類や収入証明書の提出もスキャナーで取り込んでメールに添付して送信すればいいだけなのでとても簡単で早いです。

このように便利なネット申し込みですが実際の借り入れは振り込みなので銀行の営業時間を過ぎてから手続きをすると翌営業日の振り込みになってしまうのが難点です。

たかが一日ですがどうしてもその日のうちに融資を希望する人にとっては致命的だといえます。

そういうどうしても即日融資が必要なときは自動契約機でのキャッシングがおすすめです。

自動契約機から申し込みをすればその場でカードが発行されます。

もちろん発行されたカードはすぐに使えるのでATMから即現金を引き出すことができます。

カードでATMから現金を引き出せば振り込みのように相手の手続き処理を待つ必要がないので借り入れがとてもスムーズに進みます。

どうしてもすぐにお金が必要だという人に自動契約機での申し込みはピッタリです。

なれない機械を自分で操作するのが不安だという人もいるかもしれませんが、画面の指示に従って手続きを進めればいいので初めてでも簡単に手続きをすることができます。

即日のキャッシングを探しているならメジャーなところへ

キャッシングには色々な種類がありますが、その中において即日で利用可能なタイプのものは数多く存在しています。そうした即日利用可能なキャッシングについては、利用者の判断にかなりゆだねられている部分があって、どの会社がいいかという点において確定的な情報はあまりありません。

業者はどこも一長一短あって、サービスについても様々なので、そうした環境だと利用者側からすれば迷ってしまうのが普通です。

しかし、ここで迷いを断ち切るためのもっとも効果的な方法というものを挙げることができます。それはメジャーなキャッシング会社を利用するという方法です。

メジャーな、つまりとても有名なところであれば、基本的には企業的な対応という部分において心配になるようなところはまずありません。特に利用者として頻繁に使うであろう会員サイトのシステムにしても、大手であればきちんとしたシステムを完備していますし、また携帯やスマホからのアクセスにも対応していて当たり前なので、機材的にも安心感があります。

以上の情報から、借り入れと返済を可能な限り円滑に行えるという点で、メジャーなキャッシング会社は圧倒的に有利だということが判断できるでしょう。

借り換えタイミングは低金利ローンを見つけたとき

借り換えローンを利用するとき、借り換えタイミングを気にする人が多いですが、あまり深く考える必要はありません。たまたま低金利ローンを見つけたら、そのとき借り換えすればいいのです。ネットでローンのランキングサイトをチェックして低金利ローンを見つけるのもよいです。

借り換えを検討している方は、現時点においてローンを利用していますから、緊急性を要することはないでしょう。低金利ローンを見つけたタイミングで申し込んでみてください。審査結果を決めるのは金融機関なので、自分であれこれと考えてもあまり意味がありません。確実に通過できると考えていても落ちることはありますし、逆に無理だと思っても通過したりするのです。

例えば現在15.0%のローンを利用しており、ネットで実質年率4.5%~13.5%のローンを見つけたとします。このローンで借り換えした場合、今より1.5%以上金利を下げることができます。もし審査に落ちても、現在15.0%で借入しているローンの金利が上がるわけではありません。借り換えローンに申し込みするデメリットはゼロなので、気になるローンがあればどんどん申し込んでいきましょう。銀行ローンは総量規制の対象外なので、借り換えするのに都合がよいですね。

学生の時期にサークル活動に夢中で借りたキャッシング

学生の頃にしたキャッシングの返済が社会人になってもしばらく続いていたので、なかなか預貯金が貯まらないという時期がありました。その期間を取り返すべく、現在はかなり無駄な出費を控えた暮らしをするようにしています。なかなか付き合いもありますし、人並みの暮らしをしながら貯蓄を遅ればせながらするというのはたいへんなことになってしまったと感じています。

このような状況になったのは学生の頃に夢中になっていたサークル活動が原因でした。両親が大学のための学費と下宿代を出してくれていたのですが、サークル活動をあまりにも熱心にするとアルバイトに注げる頻度も限られ、一方では合宿や遠征などで出費の方が勝っていました。

そのために学生でも借りることのできるキャッシングを利用しました。一応アルバイトをして継続的な収入もあるので、借り入れそのものはスムーズでした。しかし一度に借り入れで補うことができて一息ついたものの、返済が少しずつといっても待ち受けているので、出費の多い中ではなかなか心が休まりませんでした。

社会人になり、給与収入ができたことで返済に余裕ができたのですが、学生の時期に貯金をするどころか、借り入れを残してしまいました。今から思うと、もう少し学生生活でお金回りのことを工夫しておけば、後々まで負担が残らなかっただろうと感じています。

銀行系キャッシングのメリット

キャッシングといえば消費者金融系が有名ですが、銀行系キャッシングにも利用するにあたりメリットとなる部分が多くあります。
そのメリットの一つとしてまず挙げたいのが、総量規制の対象外であるということです。

消費者金融系は総量規制の対象となってしまうため、借りられる上限は年収の3分の1までとなってしまいます。
そのため、年収によっては自分の希望する額を借りられないことになる場合もあります。

しかし総量規制の対象外である銀行系の場合は、年収の3分の1以上の借入であっても返済能力を認められれば借入することが出来ます。
そして、消費者金融系、信販系と比べて金利が低いというのも銀行系のメリットです。

消費者金融系は金利上限が18%台の業者がほとんどですが、銀行系の場合は15%前後が金利の上限となっているので、利用にあたり金利をより安く抑えることが出来ます。
他にも銀行系のATMをはじめ、コンビニのATMなど利用出来る場所が多くあるので、いつでもどこにいても気軽に利用することが出来るというのも銀行系キャッシングのメリットと言えるでしょう。

銀行系キャッシングにもこういったメリットがありますので、キャッシングを利用する際は銀行系の利用も視野に入れて業者選びをするようにしましょう。

夫に内緒でキャッシングを利用したい場合には?

急な出費などのせいで生活費が不足してしまった時、キャッシングで少額を借りることができればとても助かります。

主婦だけれど夫に内緒で借りたいという時にはどうしたら良いのでしょうか。現在パートなどで一定の収入があるという方なら夫に内緒でキャッシングをすることもできます。パートの収入はそれほど多くはありませんので限度額は高くはありませんが、生活費の足しに数万円借りたい時には便利ですね。

キャッシングの審査申込などでは通常、パートをしていれば勤務先に在籍確認の電話が掛かります。夫の職場にかかってくることはまずありません。ですから夫がいない時間帯に手続きをしてしまえば、キャッシングを利用することですぐにバレてしまうことはないのです。ただ延滞などをすれば自宅への連絡、郵便物からバレることもありますので、延滞なく返済するということが大前提ではあります。

返済も自分の個人的な通帳から口座引き落としを選んでおけば良いですが、記録してキャッシングの履歴を形に残したくないというのでしたら、借入も返済も全てATMからするほうが安心できますね。この場合、一番心配なのはキャッシング用のカードです。ですので夫にバレたくないのなら、このカードの存在だけしっかりと隠しておけばバレる可能性も低くなります。