キャッシングを上手く活用しよう!!

キャッシングの利点はコンビニATM等で24時間どこでも現金が引き落とせる事やインターネットで指定口座に振り込みを行うことができるところです。その為、日々の生活を送るうえでお給料日前にどうしてもお金が足りなくなった等、今どうしても現金が欲しいといった非常事態に役立ちます。

さらにキャッシングはクレジットカード同様に月々の支払いを制御することができます。その月の支払いが決定した後にこの支払は~回払いに変更することで支払いが少し多いなと感じた際にも自身で調整することができます。

キャッシングと聞くとすぐに否定的になってしまう方がよくいらっしゃいますが無理をしなければ利息も全く高くはありませんしキャッシング会社によってはキャンペーン等でポイント還元など様々な特典もありますのでキャッシングを上手く活用していただければと思います。

借り換えタイミングとして最高のこと

借り替えタイミングというのはいくつもあるのですが、とにかく金利が低くなるのであればやる価値があるといえるでしょう。そうすることによって、少しでも利息を減るのであればそれは手間をかけて実行する価値があるといえるでしょう。それはよいことではあるのですが、問題はそれなりの手間がかかるということです。

そこが問題ないというのであればやるメリットはあります。但し、時間的なコストも考えてみるのであればまだまだ返済が長く続くのであればやるべきなのですが、それこそ、次の月には、或いは今月の分で返済が終わるというのであればわざわざ借り換える必要性などはないといっても過言ではないでしょう。手間をかけるべきでもない時もあるのです。

WEB完結で契約出来るが解約が出来ないというデメリットも!

今や銀行や消費者金融、クレジットカード会社などのキャッシング契約はWEB完結で手続きができるものが増えています。インターネットを経由するため、契約し易く、時間的な無駄、申し込みや契約手続きの手間が無くなっています。しかし、問題点としては契約はし易いが解約し難いといったことがあります。

殆どのカードローンやキャッシング契約がインターネット上から解約できないという点であり、窓口や郵送での解約手続きになります。住宅ローンや自動車ローンなどを契約するため、不要なカードローンを解約するといった場合、解約に時間が掛かってしまいます。

また、インターネットを利用することで遠方の銀行や消費者金融を契約できる反面、解約が窓口や郵送になるという不便さは商品概要には殆ど記載されていないのが実状です。カードローンなどのキャッシング契約を検討する際は、将来的に解約することも想定することが肝心です。

リボ払いは安直に考えないで利用すること

どうしてもお金がないけど直ぐ必要ということは多々あります。クレジットカードが多種出ていて比較的簡単に持つことが出来ます。それには大抵10万のキャッシング枠が付いてきます。又リボ払い専用などというのもあります。支払いが一定で多額の買い物にも便利は確かです。

一定額の元金の支払いを確認してみると驚く人もいると思います。同じことがキャッシングにも言えると思います。安直に引き出せますが元金の返済にはリボ払いだと中々減りません。利率も考えて利用することと増額返済などがあれば余裕がある時増額で返済していく事も早く返済できる一つだと思います。便利な反面おもわぬ大金にならないよう気をつけたいのもクレジットカードのキャッシングだと思います。

キャッシングの限度額ってどのくらいなの?

よくカードローンを申し込むときにキャッシングの限度額という言葉を目にする方も多いと思います。これはカードの種類によって借りることができる金額を意味します。ほとんどカードは10万円~500万円までの上限に設定されております。大手の銀行系のカードローンは中には上限が800万円~1200万円まで借りることができるように設定をされていう所もあります。

ただ、誰もが上限の500万円まで借りることができるかというとそうではありません。あくまでの申込者の収入や資産に対して限度額が決められます。一般のサラリーマンでしたら多くても50万円から100万円の間がいいところだと思います。

多くの限度額を設定してもらうには年収が多く、借り入れと返済の実績があり、より信頼のある人と判断されなければなかなか限度額一杯までの提示を受けることはできません。

キャッシングの借り換えタイミング!多重債務に注意!

キャッシングを利用していると、金利が高く毎月の利息が高くなったり、複数社からの借り入れで返済の手間が掛かります。このような場合、借り換えによる金利の見直し、返済先の一本化が借り換えでは可能になります。しかしながらのタイミングを逃すと多重債務と判断されたり、キャッシングの利用頻度が多いために高い金利が適用され、結果として返済額の抑制が難しくなるなどの問題に繋がります。

そのため、借り換えタイミングは常に2社以上になった時に見直しを検討するのがおすすめです。借入額が膨らまなければ、多重債務と判断されるリスクも低くすることが可能です。先ずは、常に借り換えを意識してより好条件で利用することがポイントです。もし、好条件でカードローンが契約できればその条件が維持され、将来的にもメリットとなります。

なぜ、通常の金利と変わらないのに借り換え専門のサービスを分けているのか?

消費者金融の中には、通常のキャッシングの金利と全く変わらないのに借り換え専門のサービスがあったりします。

わざわざ専門的なサービスを展開しなくてもいいのでは?と思ったりしますが、これには理由があります。

これは、通常のキャッシングと借り換えとの区分けをするためです。 通常、借り換えを行うと他から借金ができない契約です。

通常のキャッシングを借り換えローンとして利用されてしまいますとそうでないものと混じってしまいますので、管理が聞きにくいのです。

ですので、区分けが付きにくいのでわざわざ枠を作って管理するために行っています。

また、通常のキャッシングと同じようにすると、他からお金を借りられてしまって貸し倒れのリスクもあるからこのようにしているのです。

銀行ローンよりの消費者金融のキャッシングが利用しやすい3つの理由

お金を借りる際には主に2つの選択肢があります。一つは銀行ローンを利用するというもの、もう一つは消費者金融のキャッシングを利用するというものです。しかし、大抵の場合消費者金融のキャッシングのほうが利用しやすいと言えます。今日はその3つの理由を記します。

まず、最初に理由はキャッシングは借入までスピーディーだからです。キャッシングの売りというのは申し込みから借入まで時間がかからず、その日のうちに借り入れることができます。それで、今お金が必要というときに資金を工面することができるのです。一方で銀行ローンは審査から借入まで1週間ほどはかかってしまいます。

2つ目の理由は借り入れたお金の用途に縛りがないということです。銀行ローンの場合、融資されたお金を使う用途というものは申し込んだローンの種類によって決められます。例えば、マイカーローンの場合にはマイカーの購入にしか使えません。しかし、キャッシングは自分の好きな用途に用いることができます。旅行費用、医療費、生活費など用途は様々です。

最後の3つ目の理由はネットから簡単に申し込みができ、契約までできるということです。家にいながらキャッシングを利用することができます。もちろん、人目を気にする必要もありません。

銀行系キャッシングのメリット

キャッシングといえば消費者金融系が有名ですが、銀行系キャッシングにも利用するにあたりメリットとなる部分が多くあります。
そのメリットの一つとしてまず挙げたいのが、総量規制の対象外であるということです。

消費者金融系は総量規制の対象となってしまうため、借りられる上限は年収の3分の1までとなってしまいます。
そのため、年収によっては自分の希望する額を借りられないことになる場合もあります。

しかし総量規制の対象外である銀行系の場合は、年収の3分の1以上の借入であっても返済能力を認められれば借入することが出来ます。
そして、消費者金融系、信販系と比べて金利が低いというのも銀行系のメリットです。

消費者金融系は金利上限が18%台の業者がほとんどですが、銀行系の場合は15%前後が金利の上限となっているので、利用にあたり金利をより安く抑えることが出来ます。
他にも銀行系のATMをはじめ、コンビニのATMなど利用出来る場所が多くあるので、いつでもどこにいても気軽に利用することが出来るというのも銀行系キャッシングのメリットと言えるでしょう。

銀行系キャッシングにもこういったメリットがありますので、キャッシングを利用する際は銀行系の利用も視野に入れて業者選びをするようにしましょう。

夫に内緒でキャッシングを利用したい場合には?

急な出費などのせいで生活費が不足してしまった時、キャッシングで少額を借りることができればとても助かります。

主婦だけれど夫に内緒で借りたいという時にはどうしたら良いのでしょうか。現在パートなどで一定の収入があるという方なら夫に内緒でキャッシングをすることもできます。パートの収入はそれほど多くはありませんので限度額は高くはありませんが、生活費の足しに数万円借りたい時には便利ですね。

キャッシングの審査申込などでは通常、パートをしていれば勤務先に在籍確認の電話が掛かります。夫の職場にかかってくることはまずありません。ですから夫がいない時間帯に手続きをしてしまえば、キャッシングを利用することですぐにバレてしまうことはないのです。ただ延滞などをすれば自宅への連絡、郵便物からバレることもありますので、延滞なく返済するということが大前提ではあります。

返済も自分の個人的な通帳から口座引き落としを選んでおけば良いですが、記録してキャッシングの履歴を形に残したくないというのでしたら、借入も返済も全てATMからするほうが安心できますね。この場合、一番心配なのはキャッシング用のカードです。ですので夫にバレたくないのなら、このカードの存在だけしっかりと隠しておけばバレる可能性も低くなります。