なぜ、通常の金利と変わらないのに借り換え専門のサービスを分けているのか?

消費者金融の中には、通常のキャッシングの金利と全く変わらないのに借り換え専門のサービスがあったりします。

わざわざ専門的なサービスを展開しなくてもいいのでは?と思ったりしますが、これには理由があります。

これは、通常のキャッシングと借り換えとの区分けをするためです。 通常、借り換えを行うと他から借金ができない契約です。

通常のキャッシングを借り換えローンとして利用されてしまいますとそうでないものと混じってしまいますので、管理が聞きにくいのです。

ですので、区分けが付きにくいのでわざわざ枠を作って管理するために行っています。

また、通常のキャッシングと同じようにすると、他からお金を借りられてしまって貸し倒れのリスクもあるからこのようにしているのです。

銀行ローンよりの消費者金融のキャッシングが利用しやすい3つの理由

お金を借りる際には主に2つの選択肢があります。一つは銀行ローンを利用するというもの、もう一つは消費者金融のキャッシングを利用するというものです。しかし、大抵の場合消費者金融のキャッシングのほうが利用しやすいと言えます。今日はその3つの理由を記します。

まず、最初に理由はキャッシングは借入までスピーディーだからです。キャッシングの売りというのは申し込みから借入まで時間がかからず、その日のうちに借り入れることができます。それで、今お金が必要というときに資金を工面することができるのです。一方で銀行ローンは審査から借入まで1週間ほどはかかってしまいます。

2つ目の理由は借り入れたお金の用途に縛りがないということです。銀行ローンの場合、融資されたお金を使う用途というものは申し込んだローンの種類によって決められます。例えば、マイカーローンの場合にはマイカーの購入にしか使えません。しかし、キャッシングは自分の好きな用途に用いることができます。旅行費用、医療費、生活費など用途は様々です。

最後の3つ目の理由はネットから簡単に申し込みができ、契約までできるということです。家にいながらキャッシングを利用することができます。もちろん、人目を気にする必要もありません。

銀行系キャッシングのメリット

キャッシングといえば消費者金融系が有名ですが、銀行系キャッシングにも利用するにあたりメリットとなる部分が多くあります。
そのメリットの一つとしてまず挙げたいのが、総量規制の対象外であるということです。

消費者金融系は総量規制の対象となってしまうため、借りられる上限は年収の3分の1までとなってしまいます。
そのため、年収によっては自分の希望する額を借りられないことになる場合もあります。

しかし総量規制の対象外である銀行系の場合は、年収の3分の1以上の借入であっても返済能力を認められれば借入することが出来ます。
そして、消費者金融系、信販系と比べて金利が低いというのも銀行系のメリットです。

消費者金融系は金利上限が18%台の業者がほとんどですが、銀行系の場合は15%前後が金利の上限となっているので、利用にあたり金利をより安く抑えることが出来ます。
他にも銀行系のATMをはじめ、コンビニのATMなど利用出来る場所が多くあるので、いつでもどこにいても気軽に利用することが出来るというのも銀行系キャッシングのメリットと言えるでしょう。

銀行系キャッシングにもこういったメリットがありますので、キャッシングを利用する際は銀行系の利用も視野に入れて業者選びをするようにしましょう。

夫に内緒でキャッシングを利用したい場合には?

急な出費などのせいで生活費が不足してしまった時、キャッシングで少額を借りることができればとても助かります。

主婦だけれど夫に内緒で借りたいという時にはどうしたら良いのでしょうか。現在パートなどで一定の収入があるという方なら夫に内緒でキャッシングをすることもできます。パートの収入はそれほど多くはありませんので限度額は高くはありませんが、生活費の足しに数万円借りたい時には便利ですね。

キャッシングの審査申込などでは通常、パートをしていれば勤務先に在籍確認の電話が掛かります。夫の職場にかかってくることはまずありません。ですから夫がいない時間帯に手続きをしてしまえば、キャッシングを利用することですぐにバレてしまうことはないのです。ただ延滞などをすれば自宅への連絡、郵便物からバレることもありますので、延滞なく返済するということが大前提ではあります。

返済も自分の個人的な通帳から口座引き落としを選んでおけば良いですが、記録してキャッシングの履歴を形に残したくないというのでしたら、借入も返済も全てATMからするほうが安心できますね。この場合、一番心配なのはキャッシング用のカードです。ですので夫にバレたくないのなら、このカードの存在だけしっかりと隠しておけばバレる可能性も低くなります。