年収の3分の1上の借り入れのある方へ

以前5~7社程度消費者金融やクレジットカードを所有しておりいわゆる多重債務者でした。10年くらい前の社会人になりたての頃から消費者金融から借り入れをし、当時はこんなに簡単にお金を貸してくれるの?というくらいよほどの事がない限りは審査が楽に通っておりました。

よってだらしない私は色々なところから借り入れをし多重債務者となっていきました。そんな時総量規制法という法律が制定され、借り入れに対してある程度制限されることとなりました。消費者金融の借り入れを対象に年収の3分の1以上借り入れをしていたらそれ以上は借り入れができない制度です。

とっくにその法律が制定される前から3分の1以上借り入れをしており、それ以降新たな借り入れや総額が下回るまでは新たな借り入れができなくなりました。ただ多重債務者の私にとってはこれを良い機会ととらえ返済することに専念し、今ではだいぶ借金も減り新たに借り入れができるよう復活しました。

この法律により私のように借り入れができなくなった人も多いかと思いますが、3分の1以上の借り入れはかなり返済が困難な状況になると思いますので、そうならないように計画的に返済していくことを経験者としてお薦めします。

キャッシングの審査は本人確認

キャッシングの審査は本人確認が必要です、そのため身分証明書がいることが必要であり本人確認ができなければなりません。

人がいるお店などはきちんと説明してくれますしどのような書類が必要なのか分かるのですがこれが無人のお店やインターネットなどだと分かりずらくどのような書類を用意しなくてならないのか不安に思うことも出てきます。

書類としては運転免許証や保健所などパスポートなどの身分証明書があればよく住所などが載っていることが必要です、これらのコピーを取ってインターネットではメールなどで添付して送ると相手先から確認のメールが来ることがほとんどです。

別段に審査と言っても難しいものではありませんがただ他の金融機関から多くのお金を借りていると審査は通りにくくなることがあります、やはり返済をきちんとしているかによると思いますが滞納していなければ大丈夫です。

もちろんブラックに乗っているとほぼ受かることはないでしょう、審査には過去のことが載っていることを調べますのでブラックだとだめなのです。
キャッシングの審査はきちんと返済していればほぼほとんどの人は大丈夫なので問題ない人ならばすぐにでも審査には受かることでしょう。

キャッシング利用時の本人確認書類の種類

キャッシングを利用する際、本人確認書類が必要だけれどどのような書類ならば良いのだろうと考えることもあるかもしれません。本人確認書類として使用できるものはキャッシング業者によっても異なりますが、基本的に運転免許証や運転経歴証明書はどの業者でも利用が可能です。もし免許を持っていないならばパスポートや健康保険証などを使うことが可能で、他にもマイナンバーカードや住民基本台帳カードを使うことができる業者もあります。

このように様々な書類を本人確認に使用することができますが、引っ越しをして住所が変わったものの、それらの書類の住所を変えておらず以前のままということもあるでしょう。そのようなとき、つまり本人確認書類に記載されている住所が引越し前の住所などであった場合には本人確認をすることができないため、公共料金の領収書や住民票の写し、印鑑証明書などが別途必要になることがあるということは覚えておくと良いでしょう。

運転免許証があれば一番安心ですが、もし持っていなくても他の証明書も使用できるため焦る必要はありません。利用したいキャッシング業者はどの証明書を使うことができるのか事前に確認をしておき、すぐに提出できるように準備をしておきたいものですね。

キャッシングスペースは20歳以下でも借入可能で審査なども柔軟

キャッシングと聞きますと、基本的には20歳以上でないと借入できないところがほとんどで、

未成年はお金に困ったとしても借入はできないということが基本的です。

ですが、キャッシングスペースはなんと18歳から借入を行うことは可能です。

仕事についていることが条件となっているようですが、しっかりと返済する能力があれば、ここは未成年でも貸してくれるという

かなり例外的な会社となっています。

その他にも、中小の消費者金融でありますから、審査もかなり柔軟です。

審査時間に関しては早ければ1時間以内、少し遅れて2時間くらいでその日のうちに完了できるというようなことも出来、

審査スピードはかなり速いようです。

債務整理中だったりするようなケースでも審査対応してくれるようで、審査の申し込みをして実際に借入できたという口コミもいくつかあるようです。

ネット上でのみ申し込みを受け付けているので必ずネット環境のあるところでないといけません。

後は金利面は上限が20パーセントと高いですが、このあたりは中小の消費者金融ですので、仕方がないといえるでしょう。

親や友人からは借入が難しかったりし、どうしてもお金が必要だというようなときには、スペースを選んでみるのも悪くはない選択肢ではないでしょうか?

キャッシングに必要な本人確認書類って何を用意すればいいの?

キャッシングを検討しているときに気になるのが、申し込むときにどんなものが必要か、ということではないでしょうか。

そこで今回は、キャッシングを申し込むときに必要な本人確認書類について解説します。

申し込むキャッシング会社によっても違いますが、本人確認書類は基本的に運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、個人番号カードなどから1つを選んで用意します。

この時、ほとんどの場合は原本が必要になるので、コピーではダメだと思っておいたほうがいいです。

なお顔写真付きの本人確認書類がない場合は、健康保険証や年金手帳、公共料金領収書、住民票などが必要になることもあります。

キャッシング会社によっても違うので、申し込む会社が決まったら確認してみてください。

キャッシングは早めに審査を受けておこう

キャッシングの審査は、最短30分で結果が分かるようになってきています。そのため、審査を受けるのであれば必要に迫られてからで良いと考える人もいますが、この30分というのは問題なく結果が出た場合の話です。申し込むタイミングや、応募をする人の条件によっては審査が長引くこともあるため、30分後には借入ができると楽観視しないことが大切です。

契約の翌日から無利息期間が発生する場合などは、利用直前に契約をする方がお得にキャッシングを利用できますが、無利息期間がない場合は少しでも早めに審査を受けておくと良いでしょう。時間的な余裕があれば、落ち着いて審査結果を待つことができます。そして、契約さえ完了していれば急にお金が必要になった時でも慌てずに対応できるようになります。

学生だってキャッシングはできる

学生でも生活費や旅行、サークル活動などでまとまった金額が必要になることはあります。そんな時にキャッシングができたらいいのにと思うこともあるでしょう。実は学生でもある程度の金額ならキャッシングができます。

ポイントは学生の身分を証明することと、定期的な収入があること、計画的な返済の意思があることです。学生だと学生ならではの審査基準があったり、金利が少し得だったりします。そのため本当に学生かチェックする必要があります。それには学生証を提示するのが一番です。

そのうえで現住所や住民票の位置を提示するのが良いでしょう。また、定期的な収入ではバイトで十分です。一定の金額がコンスタントに入ってきていることが大切です。また、分割で返済する場合がほとんどでしょうから、毎月いくらを支払うのか、何年かかるのかなどをしっかりと把握していることが大切です。

これらが前向きと評価されれば、社会人よりかは上限が低くなるもののキャッシングは可能です。学生専門の業者もあり、そこであれば学生前提ですから話もスムーズに進むでしょう。

キャッシング限度額は年収との関係性がある

カードローン審査クリア後にキャッシングを行えるようになりますが、限度額には年収と大きな関連性があり、特に総量規制の影響を受ける消費者金融では、年収の3分の1を超えたキャッシングは制限されます。

例えば多くの金融業者では、初利用時の限度額は50万円を上限にしたカード発行され、これくらいの金額の場合は安定した収入があって、個人信用情報に問題が無ければ年収と関係なくキャッシング利用出来る例が多いです。

ただし、一社辺りから50万円を超えたり、複数社合算で100万円の借入を超えてくると、収入証明書類の提出が必要になったり、大きな融資を受けたい場合は限度額を拡げるように依頼する必要があります。

限度額を大きくするにはそれだけの返済能力を認めてもらう収入を持って、ルールに従ったキャッシング利用を定期的に行って信用される事が必要です。

年収が大きくて信用されていても、消費者金融では総量規制がありますから、年収300万ならば100万円が限度額になります。

その基準を超えてくると借金返済時の利息負担も大きくなったり、返済に苦しんで生活も圧迫してお金が回らなくなる方が多くなる事から、セーフティーネットのような役割として制限があるのです。

キャッシングは主婦でもできるか?

キャッシングとはお金を借りることです。生活していればお金が必要なことってありますが、返済能力がある人しかキャッシングができないようなイメージがあります。しかしながら、本人にキャッシングの能力がなくても、周りに返済能力のある人が存在すればキャッシングをすることが出来るのです。その一例が主婦です。主婦は、本人自体は返済能力がないかもしれません。しかしながら、配偶者である夫には返済能力があります。そのためキャッシングをしたいと思った時には、出来ることもあるのですね。

ただ審査は返済能力のある人に比べるとすこし難しくなります。また限度額というのも低く設定されることもあるので、希望額をキャッシング出来るかどうかは、審査を受けてみなければ分からないことも少なくありません。

審査がなかなか通らないという方が見直すべきポイントについて

キャッシングの契約をしたくても、審査の段階でなかなか審査が通らない。

お金を借りたいのにここまで借りられないのはなんでなんだろう? と思っているあなた。

見直すべき点は結構あるのかも知れませんよ。 どの点を見直せばいいの? そんなポイントを紹介します。

まずは、自己分析をしっかりしないといけません。 現在の借り入れ状況や職業、収入、書類の不備の有無といったところを分析してみて

自分がどこらへんに弱い部分があるのかを確認しましょう。 状況によっては借り入れが厳しいような状況であったり

属性的に借り入れが厳しかったりなど、調べていくことによってかなり厳しい麺やいい面が見えてくると思います。

自分がどこが足らないかを調べることが第一歩です。

次に、業者のこともしっかりと確認しましょう。

審査の条件や厳しさ、甘さといったのは業者によって異なります。 業者によって審査のからいところや甘いところというのは色々調べてくると見えてきますので、

自分が今どれくらいの状況で、どこまでなら借り入れできるのかが見えてくると思います。

キャッシング審査の通過はこの二つをしっかりと見極めてやれば、借りられる可能性が高まってくるでしょう。