学生だってキャッシングはできる

学生でも生活費や旅行、サークル活動などでまとまった金額が必要になることはあります。そんな時にキャッシングができたらいいのにと思うこともあるでしょう。実は学生でもある程度の金額ならキャッシングができます。

ポイントは学生の身分を証明することと、定期的な収入があること、計画的な返済の意思があることです。学生だと学生ならではの審査基準があったり、金利が少し得だったりします。そのため本当に学生かチェックする必要があります。それには学生証を提示するのが一番です。

そのうえで現住所や住民票の位置を提示するのが良いでしょう。また、定期的な収入ではバイトで十分です。一定の金額がコンスタントに入ってきていることが大切です。また、分割で返済する場合がほとんどでしょうから、毎月いくらを支払うのか、何年かかるのかなどをしっかりと把握していることが大切です。

これらが前向きと評価されれば、社会人よりかは上限が低くなるもののキャッシングは可能です。学生専門の業者もあり、そこであれば学生前提ですから話もスムーズに進むでしょう。

キャッシング限度額は年収との関係性がある

カードローン審査クリア後にキャッシングを行えるようになりますが、限度額には年収と大きな関連性があり、特に総量規制の影響を受ける消費者金融では、年収の3分の1を超えたキャッシングは制限されます。

例えば多くの金融業者では、初利用時の限度額は50万円を上限にしたカード発行され、これくらいの金額の場合は安定した収入があって、個人信用情報に問題が無ければ年収と関係なくキャッシング利用出来る例が多いです。

ただし、一社辺りから50万円を超えたり、複数社合算で100万円の借入を超えてくると、収入証明書類の提出が必要になったり、大きな融資を受けたい場合は限度額を拡げるように依頼する必要があります。

限度額を大きくするにはそれだけの返済能力を認めてもらう収入を持って、ルールに従ったキャッシング利用を定期的に行って信用される事が必要です。

年収が大きくて信用されていても、消費者金融では総量規制がありますから、年収300万ならば100万円が限度額になります。

その基準を超えてくると借金返済時の利息負担も大きくなったり、返済に苦しんで生活も圧迫してお金が回らなくなる方が多くなる事から、セーフティーネットのような役割として制限があるのです。

キャッシングは主婦でもできるか?

キャッシングとはお金を借りることです。生活していればお金が必要なことってありますが、返済能力がある人しかキャッシングができないようなイメージがあります。しかしながら、本人にキャッシングの能力がなくても、周りに返済能力のある人が存在すればキャッシングをすることが出来るのです。その一例が主婦です。主婦は、本人自体は返済能力がないかもしれません。しかしながら、配偶者である夫には返済能力があります。そのためキャッシングをしたいと思った時には、出来ることもあるのですね。

ただ審査は返済能力のある人に比べるとすこし難しくなります。また限度額というのも低く設定されることもあるので、希望額をキャッシング出来るかどうかは、審査を受けてみなければ分からないことも少なくありません。

審査がなかなか通らないという方が見直すべきポイントについて

キャッシングの契約をしたくても、審査の段階でなかなか審査が通らない。

お金を借りたいのにここまで借りられないのはなんでなんだろう? と思っているあなた。

見直すべき点は結構あるのかも知れませんよ。 どの点を見直せばいいの? そんなポイントを紹介します。

まずは、自己分析をしっかりしないといけません。 現在の借り入れ状況や職業、収入、書類の不備の有無といったところを分析してみて

自分がどこらへんに弱い部分があるのかを確認しましょう。 状況によっては借り入れが厳しいような状況であったり

属性的に借り入れが厳しかったりなど、調べていくことによってかなり厳しい麺やいい面が見えてくると思います。

自分がどこが足らないかを調べることが第一歩です。

次に、業者のこともしっかりと確認しましょう。

審査の条件や厳しさ、甘さといったのは業者によって異なります。 業者によって審査のからいところや甘いところというのは色々調べてくると見えてきますので、

自分が今どれくらいの状況で、どこまでなら借り入れできるのかが見えてくると思います。

キャッシング審査の通過はこの二つをしっかりと見極めてやれば、借りられる可能性が高まってくるでしょう。