キャッシングはしっかりした返済計画で安心です。

キャッシング。
お金を借りると言う事は、何となく不安ですよね。
不安な要因としては、
本当に借りられるのか?
本人確認はどうするのか?
転職したばかりなのに大丈夫なのか?
利息はどれくらいなのか?
などなど、いろいろと考えると思います。

ですが、一番大事な事は、

きちんと返せるのか?

だと思います。

もっと極端な事を言えば、キャッシングした後の返済計画がしっかりしていれば、
それ以外の事は、そんなに大きな問題ではないのかもしれません。

だって、それ以外は借り先が決めることなので、こちらにはどうすることもできないからです。
なので、キャッシングをする際は返済計画をしっかり考えて、納得してから借りましょう。

どのように返済計画をすれば安心できるのか・・・

一番簡単なのは、キャッシングする前にファイナンシャルプランナーなどのプロに相談することですが、
お金のことなのでなかなか相談しづらいですし、ちょっと奥手になってしまいますよね。

なので、まずは自分自身の1か月の収入と支出を「ノートに書きだしてみましょう。」
この「書き出してみる」と言う事がとても大事で、
書き出してことで見えなかったことが見えてくることもあります。

自分自身では、しっかり把握してお金を使っていたつもりでも、
実は意外と知らないことに使っているかもしれません。

キャッシングをする際は、返済計画をしっかりたてる。
返済計画は頭の中を書き出してみる。

それで、返済に不安がない場合はキャッシングしても
返済が滞るようなことはないと思います。

アイフルでキャッシングの返済をする時の注意点

アイフルは消費者金融なので即日融資を受ける事が出来るのがメリットになりますが、返済方法が多いのもメリットになります。口座振替、店舗、自社ATM、銀行振込、提携ATMの5つの返済方法があるので自分で選択する事が出来ます。しかしアイフルでキャッシングの返済をする時は注意したい点があるのでしっかり確認しておきましょう。

・銀行振込と提携ATMは手数料が発生する

アイフルの返済方法の中で銀行振込と提携ATMは手数料が発生してしまいます。特に提携ATMはコンビニに設置されているので利用するのにすごく便利ですが、1回ごとに手数料を支払っていると出費も多くなってしまうのであまりおすすめする事は出来ません。

・店舗や自社ATMは探すのに時間がかかる

アイフルは店舗が全国で25店舗しかないので探すのに手間がかかってしまいます。また自社ATMは全国に約500台設置されていますが、どこにでもあるというわけではないので返済する時に利用するのは不便です。店舗や自社ATMで返済するのもあまりおすすめする事は出来ません。

・口座振替は申し込みが必要

アイフルの返済方法で一番お得で便利なのが口座振替ですが、申込手続きが必要になります。申込方法は店舗、郵送、ホームページがありますが、申し込んだ方法によって振替日が異なってくる事もあるので注意が必要です。

消費者金融のキャッシングで余分な利息を取られないようにするには早期返済が鉄則です

手軽にお金が借りられる消費者金融のキャッシングは、今すぐに現金が必要だという人の強い味方です。申し込みをしたその日のうちに審査が行われ即日融資を受けることができるからです。

ただし、金利が高いというのが消費者金融のキャッシングの特徴となっており、融資を受けた金額や返済を終えるまでの期間によってはかなりの金額を利息として取られてしまいます。特に返済方法を月々一定の金額の支払いをすればいいリボルビング払いにしてしまうと、たしかに月々の返済は楽にはなりますが元金はなかなか減ってはくれないことになります。

返済をしたお金の大半は利息の支払いに消えてしまうからです。そのため、消費者金融のキャッシングを利用したときには、余分な利息を取られないようにするために早期返済を心がけるのが鉄則です。キャッシングの返済を早く済ませてしまえばその分だけ支払う利息を減らすことができるからです。

消費者金融のキャッシングを利用してお金を借りたときには月々の返済が楽だという理由でリボルビング払いにするのではなく、給料日など手持ちの現金に余裕があるときにまとめて返済をするようにしましょう。そうすることで最終的な利息の支払いを減らすことができるからです。

返済遅延や収入減少といったこと以外でも限度枠が減額されることも!

銀行や消費者金融のカードローンを利用する際、利用限度枠が減額されてしまうといったことがあります。返済遅延や収入の減少といったマイナス情報により、減額されるという事実は知られているものの、それ以外のことでも生じてしまいます。カードローンは利用状況においても、減額される要素があります。

利用頻度が少ない、利用頻度枠に対して少額の借り入れしか行っていないという場合、高額な利用限度枠は不要と判断されることがあります。金融事故などの実態がなく、限度枠が減額された場合は利用状況を疑ってみることも重要です。

一度減額された場合、元の限度枠に戻すための増額申請も通り難くなってしまいます。そのため、不必要に高額な限度枠を契約せず、減額されないように備えることもカードローンを利用する上では考慮する必要があります。