返済遅延や収入減少といったこと以外でも限度枠が減額されることも!

銀行や消費者金融のカードローンを利用する際、利用限度枠が減額されてしまうといったことがあります。返済遅延や収入の減少といったマイナス情報により、減額されるという事実は知られているものの、それ以外のことでも生じてしまいます。カードローンは利用状況においても、減額される要素があります。

利用頻度が少ない、利用頻度枠に対して少額の借り入れしか行っていないという場合、高額な利用限度枠は不要と判断されることがあります。金融事故などの実態がなく、限度枠が減額された場合は利用状況を疑ってみることも重要です。

一度減額された場合、元の限度枠に戻すための増額申請も通り難くなってしまいます。そのため、不必要に高額な限度枠を契約せず、減額されないように備えることもカードローンを利用する上では考慮する必要があります。