銀行カードローンの契約を済ませておくメリットは

銀行のカードローンのメリットは一度、契約を完了させておけばいつでも必要なときに限度額の範囲内で融資が受けられる点にあります。つまり、一般的なローンとは違い、お金が必要になるたびに申し込みの手続きをしなくても済むのです。

そのため、お小遣いが足りなくなってしまったときやお給料日前に生活費が不足してしまったというときでも銀行のカードローンの契約さえ完了しておけばすぐに不足した現金の補充をすることができます。また、銀行カードローンでは融資を申し込んだ後瞬時に振り込みをしてくれるサービスを提供している銀行も多いので手持ちの現金が不足してしまったときでも慌てずに済むので、いざというときにはとても頼れる存在となってくれます。

楽天銀行スーパーローンが選ばれる理由について

カードローンに申し込む場合、消費者金融よりも銀行の方が安心感があるので、銀行のカードローンを利用したい、と考える人もいるのではないでしょうか。

最近では個人向けキャッシングに力を入れている銀行が増えていますが、サービス面でのメリットを考えるなら、楽天銀行のスーパーローンがおススメです。

楽天銀行スーパーローンは楽天銀行に口座を持っていない人でも申し込めます。むしろ、口座を持っていない人の方がお得に利用できます。スーパーローンの申し込みと一緒に、楽天銀行の口座開設を申し込むと、30日間の無利息サービスが利用できるようになるからです。

スーパーローンに申し込んで会員になるだけで楽天ポイントが貰えたり、利用状況に応じて楽天ポイントが貯まるという、楽天グループならではのサービスもあります。

金利は1.9%~14.5%で、メガバンクのカードローンと同じレベルになっています。金利の低さでも魅力的なカードローンです。

総量規制の対象外となる貸付とは

貸金業法の総量規制は、2010年6月18日から施行された規制です。

この規制により、貸金業者からの借り入れは、原則として、年収の3分の1までに制限されることになりました。

なお、もし保証人がいたとしても、貸金業者からは年収の3分の1を超える借り入れはできないことになっています。

ただし、銀行からの借り入れは、この総量規制の対象外となります。なぜなら、銀行は、貸金業者ではないからです。

また、銀行で提供している各種のカードローンも、この総量規制の対象とはなっていません。

総量規制の対象外となっている銀行のローンでは、おまとめローンなど「借り換え」を目的としたものも提供されています。

複数の業者から借り入れをしていて、返済額が大きい場合は、この借り換えを行って月々の返済額を軽減するという方法もあります。

返済の負担が大きいと感じる場合は、ぜひ1度、おまとめローンを検討してみましょう。

銀行カードローンのサービス面の違いは?

消費者金融はサービス面がほとんど同じですが、銀行カードローンはサービス面が大きく異なる事が多いです。そこで銀行カードローンを利用する時にどのようなサービス面の違いがあるのか見ていく事にしましょう。

銀行カードローンは審査が数日かかって即日融資を受けられない事が多いです。しかし銀行によって条件付きで即日融資に対応してくれる場合もあります。ホームページなどに即日融資も可能と記載されているので早くお金を借りたい時は確認しておきましょう。

また銀行カードローンは金利の設定が異なってきます。基本的には15%以下で設定されていますが、銀行によっては18%で設定されている事もあります。金利が高くなってしまうと利息も多く加算されてしまうので申し込みをする前にしっかり確認しておきましょう。