キャッシングの比較を行う上で大切なことは?

キャッシングを提供している会社は数多く存在しますが、その中でどこを利用しようか悩んだ場合に、金利で比較を行う人も多いでしょう。

この金利で比較を行う場合に大切なのは、最高金利を見ることです。それは、キャッシングの金利は年利4~18%といったような形で、最低と最高では10%以上の範囲があることが多いですが、ほとんどのケースでは最高金利での契約になるからです。
これには理由があり、キャッシングの金利設定は100万円未満の限度額での契約時には、まず最高金利が適用される仕組みになっている為です。特に消費者金融では必ずその金利になると言ってもいいでしょう。

限度額が100万円以上での契約を行うことはそう多くありません。よって、最高金利こそが実質的な金利だと考えてください。その為、最高金利での比較がとても重要になるのです。
大手の消費者金融を例に挙げると、プロミスの最高金利は年利17.8%ですが、アコムとアイフルでは18%です。このことから、金利の面では3社の中でプロミスが一番お得だと言えます。

ですが、キャッシングは金利だけが全てではありません。利用を開始してからの利便性もとても大切になります。特にキャッシングカードが使えるATMが身近な場所に無い場合、いざお金が必要になった時にすぐに利用することができません。もちろん金利も重要な要素ですが、キャッシングの比較を行う際にはこのような面も加味した上で考えることが大切です。