キャッシング限度額は年収との関係性がある

カードローン審査クリア後にキャッシングを行えるようになりますが、限度額には年収と大きな関連性があり、特に総量規制の影響を受ける消費者金融では、年収の3分の1を超えたキャッシングは制限されます。

例えば多くの金融業者では、初利用時の限度額は50万円を上限にしたカード発行され、これくらいの金額の場合は安定した収入があって、個人信用情報に問題が無ければ年収と関係なくキャッシング利用出来る例が多いです。

ただし、一社辺りから50万円を超えたり、複数社合算で100万円の借入を超えてくると、収入証明書類の提出が必要になったり、大きな融資を受けたい場合は限度額を拡げるように依頼する必要があります。

限度額を大きくするにはそれだけの返済能力を認めてもらう収入を持って、ルールに従ったキャッシング利用を定期的に行って信用される事が必要です。

年収が大きくて信用されていても、消費者金融では総量規制がありますから、年収300万ならば100万円が限度額になります。

その基準を超えてくると借金返済時の利息負担も大きくなったり、返済に苦しんで生活も圧迫してお金が回らなくなる方が多くなる事から、セーフティーネットのような役割として制限があるのです。