総量規制の対象外となる貸付とは

貸金業法の総量規制は、2010年6月18日から施行された規制です。

この規制により、貸金業者からの借り入れは、原則として、年収の3分の1までに制限されることになりました。

なお、もし保証人がいたとしても、貸金業者からは年収の3分の1を超える借り入れはできないことになっています。

ただし、銀行からの借り入れは、この総量規制の対象外となります。なぜなら、銀行は、貸金業者ではないからです。

また、銀行で提供している各種のカードローンも、この総量規制の対象とはなっていません。

総量規制の対象外となっている銀行のローンでは、おまとめローンなど「借り換え」を目的としたものも提供されています。

複数の業者から借り入れをしていて、返済額が大きい場合は、この借り換えを行って月々の返済額を軽減するという方法もあります。

返済の負担が大きいと感じる場合は、ぜひ1度、おまとめローンを検討してみましょう。