WEB完結で契約出来るが解約が出来ないというデメリットも!

今や銀行や消費者金融、クレジットカード会社などのキャッシング契約はWEB完結で手続きができるものが増えています。インターネットを経由するため、契約し易く、時間的な無駄、申し込みや契約手続きの手間が無くなっています。しかし、問題点としては契約はし易いが解約し難いといったことがあります。

殆どのカードローンやキャッシング契約がインターネット上から解約できないという点であり、窓口や郵送での解約手続きになります。住宅ローンや自動車ローンなどを契約するため、不要なカードローンを解約するといった場合、解約に時間が掛かってしまいます。

また、インターネットを利用することで遠方の銀行や消費者金融を契約できる反面、解約が窓口や郵送になるという不便さは商品概要には殆ど記載されていないのが実状です。カードローンなどのキャッシング契約を検討する際は、将来的に解約することも想定することが肝心です。