キャッシングをする時に消費者金融を利用する人が多い理由は?

銀行カードローンと消費者金融のどちらを利用してキャッシングをしようか迷っている人もそれなりにいるでしょう。金利は銀行カードローンの方が低く設定されているので返済する時の事を考えるとおすすめです。融資スピードは即日融資に対応している消費者金融の方が優れています。それぞれ特徴が違いますが、最近では消費者金融を利用する人の方が多い傾向があります。そこで消費者金融を利用する人が多い理由を挙げていきましょう。

銀行カードローンは申し込みをする時に来店しなければいけない事が多いです。住んでいる場所の近くに銀行がない場合はすごく不便なものです。しかし消費者金融はスマホ完結で申込手続きをする事が出来るので来店不要でキャッシングする事が出来るのです。特に早くお金が必要な時はすごく便利なので消費者金融を利用するのでしょう。また消費者金融は即日融資にも対応してくれるのでその辺りも影響しています。

銀行カードローンの過剰融資問題がもたらしたもの

2018年に大きな問題となった銀行カードローンの過剰融資問題は銀行法の法律改正までには至らなかったものの、法律には現れない銀行カードローンに比較的大きな変更をもたらしました。

一つは銀行の自主規制による改正貸金業法の総量規制とほぼ同じレベルの貸付金額規制です。そして、もう一つは反社会的勢力への融資を防止するために融資希望者の警察へのデーターベースの照会から即日融資が不可能になったことです。消費者金融などの貸金業者が改正貸金業法によって規制されたことから、大幅に融資額を増やしていた銀行カードローンも自主規制とは言え、こうなってしまえばこれからの大幅な融資額の拡大は不可能になったということになるでしょう。銀行側の自業自得であるということかもしれません。

返済遅延や収入減少といったこと以外でも限度枠が減額されることも!

銀行や消費者金融のカードローンを利用する際、利用限度枠が減額されてしまうといったことがあります。返済遅延や収入の減少といったマイナス情報により、減額されるという事実は知られているものの、それ以外のことでも生じてしまいます。カードローンは利用状況においても、減額される要素があります。

利用頻度が少ない、利用頻度枠に対して少額の借り入れしか行っていないという場合、高額な利用限度枠は不要と判断されることがあります。金融事故などの実態がなく、限度枠が減額された場合は利用状況を疑ってみることも重要です。

一度減額された場合、元の限度枠に戻すための増額申請も通り難くなってしまいます。そのため、不必要に高額な限度枠を契約せず、減額されないように備えることもカードローンを利用する上では考慮する必要があります。

利息は思いのままに節約できるキャッシング

キャッシングはカードローンやクレジットカードのキャッシング機能を使って、ATMなどでお金を借りることですが、住宅ローンなどと異なり、年利がかなり高めです。自由な資金用途で借りることはできますが、あまりに長期間借りすぎると利息が多く取られてしまいます。

しかし、キャッシングで便利なところの一つとして、基本的に返済のタイミングが自由なところが挙げられます。利息は日割りで計算されるため、1日でも長く借りればその分だけ利息がかかります。逆に言えば、1日でも早く返せば利息を抑えることができます。一括で返済しなくても、資金が出来たらその都度返していくことにより、元本が減り、総支払利息も抑えられるので、返すあてはあるけど今まさにピンチという人にはお勧めできます。

キャッシング増額についての審査

私はプロミスで契約をししばらくは返済をしていましたが、やはり働いていても生活費が足りなかったり、急な出費があったりと苦しい時期がありました。

そんな時電話がかかってきて増額ができる可能性があるとのお話でした。これ以上とは思いましたが、やはり頼りにしており、すぐに電話で増額審査の申し込みをしました。職場に電話がかかってくることもなく、以前と収入に変わりはないか、職場を移動していないか簡単な質問でけであとはお任せしていました。

すると数万円の借り入れが可能であるとの返答ですぐに返答がありました。特に難しい操作もなく、電話だけで無事増額する事ができました。

生活費にあてる事ができてとても助かっています。

キャッシングに必要な本人確認書類って何を用意すればいいの?

キャッシングを検討しているときに気になるのが、申し込むときにどんなものが必要か、ということではないでしょうか。

そこで今回は、キャッシングを申し込むときに必要な本人確認書類について解説します。

申し込むキャッシング会社によっても違いますが、本人確認書類は基本的に運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、個人番号カードなどから1つを選んで用意します。

この時、ほとんどの場合は原本が必要になるので、コピーではダメだと思っておいたほうがいいです。

なお顔写真付きの本人確認書類がない場合は、健康保険証や年金手帳、公共料金領収書、住民票などが必要になることもあります。

キャッシング会社によっても違うので、申し込む会社が決まったら確認してみてください。

アルバイトでも キャッシングは利用できる?

消費者金融業者でキャッシングサービスの申し込みをする方の条件は、色々とありますが、どこの消費者金融業者でも共通しているのは、「年齢」と「収入」です。

年齢の条件は、満20歳以上60歳または、65歳前後位に設定している所が多いです。

収入の条件は、「安定した収入のある方」という設定が多いです。

この「安定した収入のある方」というのは、正社員の事だけを指しているのではなく、「継続して一定の収入がある」という意味ですので、アルバイトやパートでも、収入があれば、キャッシングサービスの申し込みができます。

20歳以上でしたら、学生でも主婦の方でも、アルバイトやパートをしていれば、よいという事です。

しかし、キャッシングサービスの利用を申し込んだからといって、すぐに融資が受けられるわけでもありません。

申し込み後、審査がありますので、無事審査が通れば融資が受けられるという事になります。

大手の消費者金融で安心したキャッシングを受けよう!

皆さんはキャッシングを行うと言う言葉を耳にした時どのような印象を受けますでしょうか?また消費者金融からキャッシングを受けることに抵抗を感じる事はありませんか?今回はキャッシングを行うことについてと言う事についてお話ししていきたいと思います。

キャッシングを行っている商社金融や銀行、個人的な貸付業者が多く存在していることが現状ですが、しっかりと国から認可されていなかったりする業者からキャッシングを受けると法外な金利を払わなければならないそういうことも出てきてしまいます。

そのようなことにならないために、インターネットの広告やCMで取り上げられている消費者金融を利用するようにしましょう。そのような消費者金融は口コミでも「安心してキャッシングを行うことができる。」や「対応が親切で安心した。」などと言われています。キャッシングを行うようであれば、1度は耳にしたことのある大手の消費者金融でキャッシングをすることが望ましいと言えるでしょう。

キャッシングは早めに審査を受けておこう

キャッシングの審査は、最短30分で結果が分かるようになってきています。そのため、審査を受けるのであれば必要に迫られてからで良いと考える人もいますが、この30分というのは問題なく結果が出た場合の話です。申し込むタイミングや、応募をする人の条件によっては審査が長引くこともあるため、30分後には借入ができると楽観視しないことが大切です。

契約の翌日から無利息期間が発生する場合などは、利用直前に契約をする方がお得にキャッシングを利用できますが、無利息期間がない場合は少しでも早めに審査を受けておくと良いでしょう。時間的な余裕があれば、落ち着いて審査結果を待つことができます。そして、契約さえ完了していれば急にお金が必要になった時でも慌てずに対応できるようになります。

銀行カードローンの契約を済ませておくメリットは

銀行のカードローンのメリットは一度、契約を完了させておけばいつでも必要なときに限度額の範囲内で融資が受けられる点にあります。つまり、一般的なローンとは違い、お金が必要になるたびに申し込みの手続きをしなくても済むのです。

そのため、お小遣いが足りなくなってしまったときやお給料日前に生活費が不足してしまったというときでも銀行のカードローンの契約さえ完了しておけばすぐに不足した現金の補充をすることができます。また、銀行カードローンでは融資を申し込んだ後瞬時に振り込みをしてくれるサービスを提供している銀行も多いので手持ちの現金が不足してしまったときでも慌てずに済むので、いざというときにはとても頼れる存在となってくれます。

私のキャッシング体験談について

私が初めてキャッシングを申し込んだときのことについてお話ししていきたいと思います。私は結婚に伴って家具を揃えたり、引っ越しをしたりしなければならなかったのですが、結婚資金があまり貯まらなくて引っ越し当日までにどうしても足りませんでした。

そのことを周り伝えることができなかったときに利用することになりました。初めて利用するということでかなりの不安があったのですが、インターネットの口コミを見た限りであるとそこまで不安になる必要は無いのではないかと思い、試しに利用してみることにしました。

担当してくれた男性も、わからない時にいろいろなことを教えてもらったオペレーターの女性の皆さん優しい方ばかりでした。短期間で返済することができたと言うこともありそこまで金利がかかる事はありませんでしたし、安心して利用をすることが出来ました。どうしても必要な時には利用を検討をして頂いて良いのではないかと思います。

無利息のカードローンを使う事で返済負担を減らす

近年、無利息でカードローンが使えるサービスが増加してきています。この仕組みは、初回利用を条件に申込みをして審査を受けて通過し、キャッシングの契約をする事で一定期間利息がかからないというものです。その為、既にサービスを利用している者や過去にサービスを利用した事がある者は、無利息カードローンの利用対象外になる事が大半です。

利息がかからないようにする事で利用者には返済の負担がかかりません。無利息ローン以外で返済の負担を減らすには、借入利率が低いネット銀行のカードローンを利用する方法もあります。これらの仕組みを最大限に活かしていく事で、利用者は無理をせずに計画的にカードローンによるキャッシングが行えるでしょう。

アイフルもついにカードレスで契約できるようになりました

アイフルはこの春からカードレスで契約できるようになりました。そこでカードレスのメリットとデメリットを紹介します。

まずメリットはカードが発行されないので、自宅に郵送物が届かず家族にバレにくいことです。契約書類もWebで交付されるので発送されません。

次にデメリットは、借入は銀行振込のみ、平日のみ可能で、14時10分までにWebまたは電話で振込依頼しなければならないことです。ですから平日夕方以降や休日は借入できず、計画的に借入を行う必要があるのです。また返済は口座振替(引き落とし)のみで、家族に通帳を握られていると借入がばれてしまいます。

ですからカードレスで契約する際はメリットとデメリットをよく理解した上で契約する必要があります。なお後からいつでもカードを発行できるので、そこまで深刻に考える必要はありません。

キャッシングを上手く活用しよう!!

キャッシングの利点はコンビニATM等で24時間どこでも現金が引き落とせる事やインターネットで指定口座に振り込みを行うことができるところです。その為、日々の生活を送るうえでお給料日前にどうしてもお金が足りなくなった等、今どうしても現金が欲しいといった非常事態に役立ちます。

さらにキャッシングはクレジットカード同様に月々の支払いを制御することができます。その月の支払いが決定した後にこの支払は~回払いに変更することで支払いが少し多いなと感じた際にも自身で調整することができます。

キャッシングと聞くとすぐに否定的になってしまう方がよくいらっしゃいますが無理をしなければ利息も全く高くはありませんしキャッシング会社によってはキャンペーン等でポイント還元など様々な特典もありますのでキャッシングを上手く活用していただければと思います。

楽天銀行スーパーローンが選ばれる理由について

カードローンに申し込む場合、消費者金融よりも銀行の方が安心感があるので、銀行のカードローンを利用したい、と考える人もいるのではないでしょうか。

最近では個人向けキャッシングに力を入れている銀行が増えていますが、サービス面でのメリットを考えるなら、楽天銀行のスーパーローンがおススメです。

楽天銀行スーパーローンは楽天銀行に口座を持っていない人でも申し込めます。むしろ、口座を持っていない人の方がお得に利用できます。スーパーローンの申し込みと一緒に、楽天銀行の口座開設を申し込むと、30日間の無利息サービスが利用できるようになるからです。

スーパーローンに申し込んで会員になるだけで楽天ポイントが貰えたり、利用状況に応じて楽天ポイントが貯まるという、楽天グループならではのサービスもあります。

金利は1.9%~14.5%で、メガバンクのカードローンと同じレベルになっています。金利の低さでも魅力的なカードローンです。

学生だってキャッシングはできる

学生でも生活費や旅行、サークル活動などでまとまった金額が必要になることはあります。そんな時にキャッシングができたらいいのにと思うこともあるでしょう。実は学生でもある程度の金額ならキャッシングができます。

ポイントは学生の身分を証明することと、定期的な収入があること、計画的な返済の意思があることです。学生だと学生ならではの審査基準があったり、金利が少し得だったりします。そのため本当に学生かチェックする必要があります。それには学生証を提示するのが一番です。

そのうえで現住所や住民票の位置を提示するのが良いでしょう。また、定期的な収入ではバイトで十分です。一定の金額がコンスタントに入ってきていることが大切です。また、分割で返済する場合がほとんどでしょうから、毎月いくらを支払うのか、何年かかるのかなどをしっかりと把握していることが大切です。

これらが前向きと評価されれば、社会人よりかは上限が低くなるもののキャッシングは可能です。学生専門の業者もあり、そこであれば学生前提ですから話もスムーズに進むでしょう。

総量規制の対象外となる貸付とは

貸金業法の総量規制は、2010年6月18日から施行された規制です。

この規制により、貸金業者からの借り入れは、原則として、年収の3分の1までに制限されることになりました。

なお、もし保証人がいたとしても、貸金業者からは年収の3分の1を超える借り入れはできないことになっています。

ただし、銀行からの借り入れは、この総量規制の対象外となります。なぜなら、銀行は、貸金業者ではないからです。

また、銀行で提供している各種のカードローンも、この総量規制の対象とはなっていません。

総量規制の対象外となっている銀行のローンでは、おまとめローンなど「借り換え」を目的としたものも提供されています。

複数の業者から借り入れをしていて、返済額が大きい場合は、この借り換えを行って月々の返済額を軽減するという方法もあります。

返済の負担が大きいと感じる場合は、ぜひ1度、おまとめローンを検討してみましょう。

借り換えタイミングとして最高のこと

借り替えタイミングというのはいくつもあるのですが、とにかく金利が低くなるのであればやる価値があるといえるでしょう。そうすることによって、少しでも利息を減るのであればそれは手間をかけて実行する価値があるといえるでしょう。それはよいことではあるのですが、問題はそれなりの手間がかかるということです。

そこが問題ないというのであればやるメリットはあります。但し、時間的なコストも考えてみるのであればまだまだ返済が長く続くのであればやるべきなのですが、それこそ、次の月には、或いは今月の分で返済が終わるというのであればわざわざ借り換える必要性などはないといっても過言ではないでしょう。手間をかけるべきでもない時もあるのです。

WEB完結で契約出来るが解約が出来ないというデメリットも!

今や銀行や消費者金融、クレジットカード会社などのキャッシング契約はWEB完結で手続きができるものが増えています。インターネットを経由するため、契約し易く、時間的な無駄、申し込みや契約手続きの手間が無くなっています。しかし、問題点としては契約はし易いが解約し難いといったことがあります。

殆どのカードローンやキャッシング契約がインターネット上から解約できないという点であり、窓口や郵送での解約手続きになります。住宅ローンや自動車ローンなどを契約するため、不要なカードローンを解約するといった場合、解約に時間が掛かってしまいます。

また、インターネットを利用することで遠方の銀行や消費者金融を契約できる反面、解約が窓口や郵送になるという不便さは商品概要には殆ど記載されていないのが実状です。カードローンなどのキャッシング契約を検討する際は、将来的に解約することも想定することが肝心です。

モビットの広告表示が紛らわしい

ネットなどでモビットの広告表示を見ると、「誰にも知られず」「在籍確認なし」という言葉に魅力を感じます。多くの人がカードローンを利用していることは知られたくないと思うので、この言葉には心を惹かれると思います。

申し込みからの審査スピードは他社に負けないほどに迅速で、オペレーターの対応も丁寧ですが、この広告表示どおりに進まないのが現実です。

申し込みの際に尋ねなかったのも落ち度かも知れませんが、実際には在籍確認があります。他の消費者金融ならば、在籍確認の連絡を何時ぐらいに入れるかということを相談できますが、モビットの場合には突然、勤務先に在籍確認の連絡が入ります。

審査段階の時点で、在籍確認の有無を確認した方が無難です。

自動契約機を使ったキャッシングの利便性とは

キャッシングを利用する方法はいくつか消費者金融会社から提供されています。全国各地に消費者金融会社の自動契約機が設置されており、これを使って申込みをする事が可能ですので利便性が高いです。

自動契約機は、近年コンピューターやインターネット環境の進化によって、機能面でも操作性の高さでも向上しており、タッチパネルを操作して申込みの手続きを進めていきます。自動契約機を使ったキャッシングの申込みをする場合には本人確認書類を用意しておく必要があります。

運転免許証や健康保険証やパスポートなどが有効な書類であり、これらを自動契約機の所定のスキャナーで読み取って画像データ化します。そして、申し込みデータと共に審査センターへ送信して、審査の結果を待ち、審査を通過して契約をすれば、融資を受けられます。

リボ払いは安直に考えないで利用すること

どうしてもお金がないけど直ぐ必要ということは多々あります。クレジットカードが多種出ていて比較的簡単に持つことが出来ます。それには大抵10万のキャッシング枠が付いてきます。又リボ払い専用などというのもあります。支払いが一定で多額の買い物にも便利は確かです。

一定額の元金の支払いを確認してみると驚く人もいると思います。同じことがキャッシングにも言えると思います。安直に引き出せますが元金の返済にはリボ払いだと中々減りません。利率も考えて利用することと増額返済などがあれば余裕がある時増額で返済していく事も早く返済できる一つだと思います。便利な反面おもわぬ大金にならないよう気をつけたいのもクレジットカードのキャッシングだと思います。

おまとめローンのデメリットとは

おまとめローンと検索すると「金利が低くなる」「支払い額が落とせる」「支払日が統一される」などメリットが書かれていることが多く、あまりデメリットが書かれていません。

多くあるのは「金利が低くなったのに、利息が高くなっている」ことです。債務を1つにまとめて金利が下がったので満足している人もいると思いますが、利息が高くなっている可能性があるので注意が必要です。それは月々の支払い額が低くなった分、支払い期間が延びて利息を多く払わなければいけないのです。なので、金利が落ちたからと言って満足するのではなく、支払い総額と利息支払い額をおまとめローンをする前と見比べて利息を多く払っていないかを確認するようにしましょう。

キャッシングの限度額ってどのくらいなの?

よくカードローンを申し込むときにキャッシングの限度額という言葉を目にする方も多いと思います。これはカードの種類によって借りることができる金額を意味します。ほとんどカードは10万円~500万円までの上限に設定されております。大手の銀行系のカードローンは中には上限が800万円~1200万円まで借りることができるように設定をされていう所もあります。

ただ、誰もが上限の500万円まで借りることができるかというとそうではありません。あくまでの申込者の収入や資産に対して限度額が決められます。一般のサラリーマンでしたら多くても50万円から100万円の間がいいところだと思います。

多くの限度額を設定してもらうには年収が多く、借り入れと返済の実績があり、より信頼のある人と判断されなければなかなか限度額一杯までの提示を受けることはできません。

銀行カードローンのサービス面の違いは?

消費者金融はサービス面がほとんど同じですが、銀行カードローンはサービス面が大きく異なる事が多いです。そこで銀行カードローンを利用する時にどのようなサービス面の違いがあるのか見ていく事にしましょう。

銀行カードローンは審査が数日かかって即日融資を受けられない事が多いです。しかし銀行によって条件付きで即日融資に対応してくれる場合もあります。ホームページなどに即日融資も可能と記載されているので早くお金を借りたい時は確認しておきましょう。

また銀行カードローンは金利の設定が異なってきます。基本的には15%以下で設定されていますが、銀行によっては18%で設定されている事もあります。金利が高くなってしまうと利息も多く加算されてしまうので申し込みをする前にしっかり確認しておきましょう。

キャッシングの借り換えタイミング!多重債務に注意!

キャッシングを利用していると、金利が高く毎月の利息が高くなったり、複数社からの借り入れで返済の手間が掛かります。このような場合、借り換えによる金利の見直し、返済先の一本化が借り換えでは可能になります。しかしながらのタイミングを逃すと多重債務と判断されたり、キャッシングの利用頻度が多いために高い金利が適用され、結果として返済額の抑制が難しくなるなどの問題に繋がります。

そのため、借り換えタイミングは常に2社以上になった時に見直しを検討するのがおすすめです。借入額が膨らまなければ、多重債務と判断されるリスクも低くすることが可能です。先ずは、常に借り換えを意識してより好条件で利用することがポイントです。もし、好条件でカードローンが契約できればその条件が維持され、将来的にもメリットとなります。