キャッシング利用時の本人確認書類の種類

キャッシングを利用する際、本人確認書類が必要だけれどどのような書類ならば良いのだろうと考えることもあるかもしれません。本人確認書類として使用できるものはキャッシング業者によっても異なりますが、基本的に運転免許証や運転経歴証明書はどの業者でも利用が可能です。もし免許を持っていないならばパスポートや健康保険証などを使うことが可能で、他にもマイナンバーカードや住民基本台帳カードを使うことができる業者もあります。

このように様々な書類を本人確認に使用することができますが、引っ越しをして住所が変わったものの、それらの書類の住所を変えておらず以前のままということもあるでしょう。そのようなとき、つまり本人確認書類に記載されている住所が引越し前の住所などであった場合には本人確認をすることができないため、公共料金の領収書や住民票の写し、印鑑証明書などが別途必要になることがあるということは覚えておくと良いでしょう。

運転免許証があれば一番安心ですが、もし持っていなくても他の証明書も使用できるため焦る必要はありません。利用したいキャッシング業者はどの証明書を使うことができるのか事前に確認をしておき、すぐに提出できるように準備をしておきたいものですね。