銀行カードローンの過剰融資問題がもたらしたもの

2018年に大きな問題となった銀行カードローンの過剰融資問題は銀行法の法律改正までには至らなかったものの、法律には現れない銀行カードローンに比較的大きな変更をもたらしました。

一つは銀行の自主規制による改正貸金業法の総量規制とほぼ同じレベルの貸付金額規制です。そして、もう一つは反社会的勢力への融資を防止するために融資希望者の警察へのデーターベースの照会から即日融資が不可能になったことです。消費者金融などの貸金業者が改正貸金業法によって規制されたことから、大幅に融資額を増やしていた銀行カードローンも自主規制とは言え、こうなってしまえばこれからの大幅な融資額の拡大は不可能になったということになるでしょう。銀行側の自業自得であるということかもしれません。